097-558-6976

FAX 097-556-1517

【営業時間】8:00~17:00
【定休日】第2.4土曜日・日曜・祝祭日

MENU

協業組合大分管工事センター

理事長ごあいさつ

協業組合大分管工事センターは、給水管接続工事及びそれに関する事業の事業活動について協業を図ることにより、 企業規模の適正化による生産性の向上等を効率的に推進し、その共同の利益を増進することを目的に、 昭和43年に設立した旧協同組合を昭和54年6月に発展的に改組し、現在に至っているところであります。
以来、公道からの給水管接続や水道管の内部修繕、さらには漏水調査、水道施設の保守点検等を行いながら、 市民や企業のみなさんに安心で安全な「水」をお届けしているところであります。
また、全国的な課題である水道管の老朽化に伴う突発的な水道事故に対応した体制の構築や、 近年多発する地震や豪雨などの自然災害発生時におけるライフラインの応急復旧活動などに備えて、 最新の技術の取得や研鑽に日々努めているところであります。
上・下水道事業は、社会生活に欠くことのできない最も重要なインフラであることから、 当センターといたしましてもなお一層の資質向上に努めて参る所存でありますので、 引き続きご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

協業組合 大分管工事センター

理事長 阿部 善一郎

組織概況

名称協業組合大分管工事センター
所在地〒870-0906 大分市大州浜1丁目3番5号
連絡先TEL 097-558-6976(代表)
創立昭和43年(1968年)12月28日
決算期3月
職員26名(令和2年5月現在)
関連団体大分県管工事協同組合連合会
大分市管工事協同組合
事業内容 本組合は、公道内給水管接続工事及びそれに関する業務の事業活動についての協業化を図ることによって、 企業規模の適正化による生産性の向上等を効率的に推進し、その共同の利益を増進することにより、 組合員企業の健全なる発展を押し進め地域住民に「水」を通して快適な住環境づくりの一助となるべく組合運営を行っています。
沿革.現況.特色 大分県が新産業都市の指定を受け、 農業県から工業県へと脱皮をはかるべく工場建設の土音が響いていた昭和43年12月、 55名の管工事業者で大分市管工事協同組合として設立しました。 昭和54年、経済事業部門の効率運営を目指して協業化を図る目的で協業組合大分管工事センターとして 改組改称し今日に至っています。 50万都市大分市の建設に向けて活発な都市活動を行う上で、 水の安定供給は絶対に欠かすことはできません。大分市水道局指定工事店88社で組織する協業組合として、 市民の快適な暮らしに「水面下」でお手伝いできる企業組織体として使命を果たして参ります。

アクセス

組織図

組織図

役員一覧

役職名氏名会社名備考
理事長阿部 善一郎(有)シマヤ水道工業
副理事長釘宮 義和中央設備工業(有)
鶴原 一正(株)コーボウ設備工業
理事岩田 辰三(株)城南設備工業
大塚 勇司(有)大一工業
鶴田 敬(有)たきお水道総務委員長
尾形 直樹上田環境衛生(有)工事委員長
金丸 隆徳(有)久大技研
國實 誠二(株)国実水道
髙橋 秀信(株)ニッセツ
髙橋 剛共立興業(有)
藤野 洋二(業)大分管工事センター
廣戸 利秀(業)大分管工事センター
吉野 毅(業)大分管工事センター
監事林 健一(株)ガス設備
森口 和也日商産業(株)
ページトップ